【介護職員初任者研修】講座比較ガイド

介護職員初任者研修「新しい介護の資格制度が始まります」

「ホームヘルパー2級」は2013年3月末で廃止になり、4月からは「介護職員初任者研修」へと移行になります。

 

介護保険法施行規則の改正に伴い、このように新しく制度が変わり、今まで複雑だった介護の資格がより体系化されることとなりました。
今までは、主に在宅サービスを念頭に置いた訪問介護員(ホームヘルパー1・2級)
在宅、施設介護の両方に軸を合わせた介護職員基礎研修・介護福祉士など、
いくつかの資格や研修があり、キャリアアップを目指すうえでもいろいろなルートがあり複雑になっていました。
これを一体化し、今後ますます進む高齢化社会に向けて、一生の仕事としキャリアアップを目指す人を育成していこうというのが制度改正の主な目的です。

 

変化する資格制度

 

これは、介護の仕事を一生の仕事としキャリアアップを目指す人にとってはもちろん喜ばしいことなのですが・・・・・はじめて資格を目指す人にとっては少し難易度が高くなりました

 

というのは、今まで介護の仕事の入り口となっていた「ホームヘルパー2級」は、
既定の講座を受ければ無試験で資格を取得することができましたが、ホームヘルパー2級と同等の入門資格になる「介護職員初任者研修」では筆記試験が導入されるなど難易度が上がっています。

 

研修さえ受ければ資格が取得できるという事はなくなりました。
また、スクーリングの時間も長くなります。

 

このように資格取得の条件、試験内容が変更になったことにより、各種学校の「介護職員初任者研修」の講座も変わりました

 

当サイトでは、これから「介護職員初任者研修」の資格を取得したいと志している方に向けて、効率よく資格が取得できるように各学校の資格取得講座の内容を比較して紹介しています。
良い学校選びは、資格取得への第一歩です。ぜひ、参考にしてみてください。

 

↓「介護職員初任者研修」の通信講座の一括申し込みはこちらから↓